FXを始めるにあたって学ぶべきこと及び取引方法に関して

FXを始めるにあたって学ぶべきこと及び取引方法に関して

 

FXを初める前は株式投資を行っていました。この経験はFXでの投資にも生きています。FX投資というのは為替差益で利益を得ることを目的とする取引なので日本市場だけではなく海外市場にも目を向ける必要があります。ドル円相場などをする際はとくにアメリカ経済などですが、その他の通貨に関してもアメリカ経済の指標に関しては常に必要となってきます。FXはレバレッジ効果を元に取引をしていきます。

 

そのため少ない金額で大きな利益を得ることを目的に取引することになりますが、反面それだけのリスクを伴う取引となるのも事実です。取引した金額以上の損失を被ることもありますので簡単に運用できる場所ではありますが、しっかり勉強した後に取引を始めるのは最大のリスクヘッジだと思います。私はその勉強に株式投資を利用することにしたのです。もともとはFXでお金を運用したかったのですがこのリスクを軽減するための勉強の場として株式取引は大変役に立ちます。

 

信用取引もありますが、これではなく通常の取引を行なえばハイリスクな取引にはなりませんし、経済指標の見方も勉強できるからです。株式取引は為替の動向にも大きく左右されますのでしっかりと把握するのがよいでしょう。ここで自身をつければFX取引も怖くありません。どういった情報がでればどういう方向に値動きするのか簡単に分かりますし、大事な統計の発表なども見逃さぬようになれるでしょう。

 

しかし株式取引との違いは値動きがとても早いということです。例としてアメリカなどで発表される雇用統計があります。これの結果を受けて市場が大きく動くこともあるので注意が必要です。時には1円近くの値動きがほんの一瞬で行われてしまうことがあるので注意して市場を見ることをおすすめします。また長期での運用もおすすめできません。外国の市場が相手でもあるので取引の中心は深夜となることが多いです。日本市場もあるので24時間体制で監視しなければ取引に負けてしまいます。時間に余裕がない人は特にデイトレなど素早く決済する取引がいいと思います。