株式投資のように数千円もの手数料は生じない

株式投資のように数千円もの手数料は生じない

 

金融商品の中には、インターネットではなく別の方法で売買可能なタイプが見られます。株式投資などは、その1つですね。その投資商品の場合は、いわゆる証券会社などで口座を作る事になるでしょう。そしてその投資商品での売買をする為には、会社の実店舗に足を運ぶケースは極めて稀です。どちらかというと、電話で取引をするケースが多いのですね。

 

実際私の親戚の1人も、ある証券会社で口座を保有しています。まさに前述の株式投資で売買を行っている訳ですが、普段から電話で取引をしていると話していました。最近ではネットで売買ができる証券会社も増えてきていますが、今なお親戚のように電話で売買をしている方も多いのですね。ところでFXの場合は、そうではありません。確かに一部の会社では電話で売買をする事も可能なのですが、基本的にこの商品はネット媒体を用いる事になります。パソコンやスマホなどを用いて、取引画面などで注文を行うケースがほとんどですね。そしてそれには、手数料に関するメリットがあります。

 

まず前述の株式投資の電話取引の場合は、かなり大きいの手数料が生じる事が多いです。例えばある証券会社の場合は、1回あたりの取引につき数千円前後の手数料が生じるのですね。実はその数千円前後という数値は、株式投資では決して珍しい物ではありません。たいていの会社では、それ位の数値になっている訳ですね。ところがFXの場合は、そこまで多くの手数料が発生するケースは極めて稀です。数千円もの手数料というより、どれだけ高くても数百円くらいになるでしょう。売買をする枚数にも左右されますが、少なくとも上記のような数千円というケースはまず見られません。

 

ちなみにFXでも電話で売買ができる訳ですが、それでも数千円ほどの手数料がかかる事は無いですね。全体的には数百円前後の手数料になる事が多いので、それもこの外貨を用いる商品の特徴の1つになります。できるだけ手数料を抑えたい時には、株式投資よりはFXの方が良いでしょう。