会社で気が散るような建玉を作ってはならないFX

少額FXで慣れた後にガッツリ稼ぐ日記

 

FX 1000通貨での取引を始めるにあたって、あまり心配事を作らない方が良いと思います。なぜなら、それは日常業務などにも支障をきたしてしまう可能性があるからです。そもそもこの投資で売買をしている方の多くは、普段は働いている方々が非常に多いのですね。普段はどこかの会社で働いている訳ですが、その傍らで売買をしている方々も多く見られます。ところでお仕事をしているとなると、やはり会社の業務に集中する必要があるでしょう。業務を遂行する上で気が散る要素があると、色々と大変なことになると思います。

 

そもそもお仕事では、やはり集中力が非常に大切ですね。それが欠けてしまいますと、会社に対して迷惑がかかってしまう可能性があります。仕事のパフォーマンスが低下してしまう事により、会社の売上が下がる可能性もあるからです。もちろんそれだけは避けたいですね。なぜ集中力が欠けてしまうかというと、それが上記で申したFXなのです。そもそもこの投資商品では、たまに動きが気になって仕方が無い場合があります。その理由の1つが、建玉を保有している時なのですね。

 

例えば人によっては、現在保有している建玉にて、100万円以上の含み損が生じている場合があります。それだけ大きな損が発生していると、やはり気になって仕方がありません。現在の建玉が果たして問題無いかどうかが気になり、仕事に集中できなくなってしまう可能性があります。やはりそれだけは避けたいでしょう。ですのでこの金融商品での売買をする時には、基本的には自分の心配事を大きく減らせるような建玉を保有するのが良いと思います。たとえ会社に出勤をしている間でも、何も気が散る要素が無い建玉を保有していれば、もちろん会社での作業に集中する事ができるでしょう。

 

FXという商品は、資産を増やすのを楽しむのが目的になります。しかしその商品で、増やすのが不安になってしまうのは困りますね。それを避ける意味でも、建玉の立て方は工夫する方が良いと思う次第です。

 

 

FXはギャンブルか?それはあなたの態度しだいです。

少額FXで慣れた後にガッツリ稼ぐ日記

 

FXで大金をつかもうとしているあなた。その時点でFXはあなたにとってギャンブルです。FXで大金を得た人は確かに存在します。しかし、その人たちの何割かは、ただ偶然運が良かっただけです。一度大金をつかんでもそれを二度三度と繰り返すことは出来ない人たちです。宝くじが当たった人と思ってもらえればわかりやすいかもしれません。では、本気で実力としてFXで収入を得る為にはどのような勉強をしたら良いのでしょうか?

 

どの業界でも 本当に技術を伝授しようとするセミナーと、セミナー自体が収入源となっているセミナーがあります。FXは日本では個人の経験が浅いため、100の方法があれば100のセミナーを開催することが出来てしまいます。100人集めて一人から1万円ずつセミナー代を徴収すれば、100回やれば100万円の仕事になるわけですね。セミナーに行くこと自体はけして悪いことではありませんが、他力本願でだれかに教えてもらおうというスタンスではセミナー代よりもFXの収入が上回ることは難しいのではないでしょうか?

 

では、どうしたらよいのでしょうか?FX会で有名な方々も、カンを鈍らせない為に毎日チャートを見ることを日課にしているといいます。毎日見続けることで、体感として次にチャートがどの方向に動くのかをなんとなくわかるようになってきます。その感覚が身についてから、初めてセミナーなどに行き始めるのが良いのではないでしょうか?チャートを見続けると、無茶な相場で入ったりしないものです。

 

全く予想がつかないところで入って大負けしたりしなければ、少しずつプラスになっていく可能性は大きくなります。初心者がやりがちな間違いは、ちょっとずつ稼いで一度に大負けするというパターンですから、それさえ回避出来ればまずワンステップ上がったということです。世の中にそんな上手い話はありませんが、努力が少しずつは報われるという点でFXは魅力的で勉強も楽しくできるのだと思います。

 

 

なぜスキャルピングの売買は難しく感じるのか

少額FXで慣れた後にガッツリ稼ぐ日記

 

FXには様々なやり方があります。その中には、かなり短期間で決着をつけるタイプがあるのですね。FXで一番短い時間軸となると、やはりスキャルピングでしょう。少なくともデイトレなどのタイムスケールに比べると、遥かに短いことだけは確実です。ところで短い時間軸の場合は、やや難易度が高いとの意見も目立ちます。いわゆるスワップポイントなどの売買に比べると、遥かに難しいと思っている方々も多いようですね。スワップなどでの売買はそれほど難しくなかったので、短期売買に切り換えたら、途端に難しくなったとの意見も見られます。

 

ではなぜスキャルピングなどでは売買の難易度が上昇するかというと、それには色々な理由が考えられるのですが、やはり一番大きいのは反射神経ではないでしょうか。かなりの反射神経が求められるのです。スキャルピングで売買を行うとなると、いわゆる経済指標などの発表された時はチャンスになり得ます。なぜならその指標が発表されたタイミングでは、一気に大きく動くからです。他のタイミングに比べると圧倒的なスピードになるのです。

 

そしてスピードが早い訳ですから、やはり反射神経も求められる事になります。わずか1秒の遅れだけでも、売買のチャンスを逃してしまう事になりかねないのですね。ですので長期売買を経験していた方々などは、その超短期的な売買によって、やや苦戦をしている事も多いようです。それともう一つ難しい点があって、超短期的な売買となると、損切りが必須になるのです。短期的での売買となると、やはりあまり長い間ポジションを持つことができません。そして長い間ポジションを持ってしまえば、時間軸がズレてしまいます。

 

難しいのは、その損切りをどれ位に設定するかですね。今までに一度も損切りをした事が無い方々の場合は、それで苦戦をしているケースも多々見られます。ですのでFXのスキャルピングという時間軸は、ある意味で上級者向けともいえるでしょう。

 

 

誰かからのアドバイスよりは履歴を確認するのがベター

少額FXで慣れた後にガッツリ稼ぐ日記

 

人々の中には、自分の売買のやり方が正しいか否かが、迷ってしまっている方も見られます。というのも中には、FXでの成績があまり良くない方も見られるのですね。トレーダーの中には、とても熱心な方も見られます。自分なりに情報商材などを購入して、様々なやり方での売買をしてみる訳ですが、それでもなかなか大きく稼げない方も見られるのです。それでは迷いが生じてしまうケースも多々ある訳ですね。

 

そのような時には、トレーダーの方々としては誰かから間違いを指摘してもらいたいと思う場合があります。自分のやり方に何か問題点があるので、客観的なアドバイスを求めている方も見られます。実際投資顧問の会社などでは、そのようなサービスを提供している事もあるのですね。プロの方からのアドバイスを聞けるのは、確かにとても心強いとは思います。
ただ私は、個人的にはもっと別の方法でアドバイスを求めた方が良いと思います。そして、その方法は非常にシンプルなのですね。FXの会社が伝えてくれる、売買の記録を見返す事です。

 

金融関連の商品には、いわゆる履歴に関する情報があります。例えば銀行の通帳などは、明らかな取引履歴に該当するでしょう。あれを見てみますと、自分の1年間のお金の動きなども、ある程度把握する事ができます。そしてFXにも、その履歴に関するシステムがあるのですね。この金融商品でパフォーマンスをアップさせたいと思うならば、そのシステムには目を通した方が良いと思います。

 

というのも、そもそも専門家のアドバイスなどは、自分の時間軸とズレている事もあるのです。スキャルピングで売買をしている方が、スワップ狙いで売買をする専門家の方から意見を聞いても、あまり参考にならない事が多いですね。それよりは、むしろ自分で売買の履歴を見てみる方が、実用的な情報が色々と得られる傾向があります。誰かによるアドバイスを求めるというよりは、むしろ自分の記録を確認する方が、FXでは稼げるようになるでしょう。

 

 

住所を変更した時には金融会社に伝える方が良いのか

少額FXで慣れた後にガッツリ稼ぐ日記

 

金融関連の会社での口座を作っているとなると、たまに業者に対する連絡が必要になります。特に引っ越し手続きを行った時には、それが必要なケースが多々ある訳です。銀行で口座を保有している方々の場合は、必ずと言って良いほど手続きが必要になってくるでしょう。例えば銀行で登録した住所がAだったとします。それである時に、Bという場所に引っ越しをしたとしましょう。その場合は、銀行に対してはBの情報を伝える必要があるのです。いわゆる住所変更の情報を、銀行に伝えなければなりません。その際に、身分証明書などを改めて提示しなければならない事も多いのですね。

 

ところでFXも、銀行と同じく金融関連の商品の1つになります。ですのでその商品で売買を行う上でも、やはり引っ越しを行った時には、住所変更の連絡が必要なのかと思われるかもしれません。結論から申し上げれば、実は変更しなくても問題無いケースは多いです。しかし原則としては、やはり変更した旨を伝える必要があるのです。そもそも銀行に対して住所変更の連絡をする理由ですが、ダイレクトメールなどが挙げられます。もしくは銀行からの重要な通知などを、確実に受け取れる体制が必要なので、住所変更の旨を伝えなければならない事もあるのです。

 

何せ銀行では、たまに利用客に対してとても大事なお知らせをしなければなりません。それで手紙を郵送するケースもある訳ですが、やはりそれに関する情報だけは、着実に手元に届ける必要があるでしょう。ところがFXという商品の場合は、そもそも手紙が届くケースが極めて稀なですね。基本的にこの商品はネットで様々なやり取りをする事になるので、実は住所変更しなくてもあまり問題無いケースが多い訳です。ですので住所変更の旨を伝えなくても、特に支障はないでしょう。

 

しかし実際には、金融会社としてはそれを伝えて欲しいとはアピールしている訳ですね。やはり色々な理由があるからです。ですので結局は、住所変更を行った時には、FXの会社に伝えておく方が無難ではあります。

2016/06/12 23:00:12 |
FXでの成績が良くなるか否かは、総じて精神状態に左右される一面があります。その状態が問題なければそこそこの成績になっていても、状態が悪くなっていると、成績が悪化してしまう事もある訳ですね。具体的に申し上げると、例えば含み損が発生している状況です。できればその状況は、避けた方が良いのですね。例えば午前中において、今後の外貨の価格は上昇すると思ったとします。非常によくあるパターンですね。そして上昇すると考えたので、そのタイミングにて買い玉を保有してみたとしましょう。ところが12時までの時間において、それが下落してしまう事もある訳です。つまり自分の予想とは相反する動きになってしまっている訳ですね。そ...
2016/06/12 23:00:12 |
最近のFXの会社は、システムトレードと呼ばれるものを提供している傾向があります。あれは非常に便利ですね。独自の売買ルールなどに基づいて、売買を代行してくれるからです。特にそのルールは、サラリーマンの方々にとっては非常に便利ではないでしょうか。普段からお仕事をしている方々の場合は、少なくとも昼間の時間帯は勤務先で作業に集中しなければなりません。ですので成り行きでの売買は、少々難しい傾向があります。ところがシステムトレードの場合は、全ての売買を代行してくれる訳ですから、やはり普段から働いている方にとってはメリットは大きいと思います。ただしそれを利用する為には、必ずと言って良いほどルールを選ぶことに...
2016/06/12 22:55:12 |
FXでは、様々なランキングを見る事ができます。そして自動的な売買を考えている方々は、しばしばその順位づけに着目しているのですね。なぜならその情報は、自分にとって最適なルールを選ぶ上でのヒントになり得るからです。その順位付けを見てみますと、まずパフォーマンスなどに関する情報などは得られるでしょう。今までのルールのパフォーマンスに関する情報は、確かに軽視できない一面があります。もちろんそれが優れているルールの方が、利益率も高まると考えられるのです。ですがそのランキングは、必ずしも過信できない一面があります。なぜなら上位になっているルールは、自分の時間軸とはズレている可能性があるからです。そもそもF...
2016/06/12 22:54:12 |
FXには、色々と専門的な用語があります。その中にはかなり重要度が高いものも見られるのですが、システムトレードなどでの売買を検討しているならば、少なくとも最大ドローダウンという用語だけは覚えておく必要があるでしょう。なぜならそれは、自分に最適なルールを選ぶことに大きく関わってくるからです。最大ドローダウンとは、今後発生し得る損失に関わる数字になります。そして、それは決して軽視できないのですね。なぜなら損失は、FXでは非常に大きなポイントになり得るからです。そもそもFXには、とても大きなリスクがあります。一歩間違うと、資金を大きく減らしてしまう可能性もある訳ですが、時にはロスカットが生じてしまうケ...
2016/05/31 13:20:31 |
FXを初める前は株式投資を行っていました。この経験はFXでの投資にも生きています。FX投資というのは為替差益で利益を得ることを目的とする取引なので日本市場だけではなく海外市場にも目を向ける必要があります。ドル円相場などをする際はとくにアメリカ経済などですが、その他の通貨に関してもアメリカ経済の指標に関しては常に必要となってきます。FXはレバレッジ効果を元に取引をしていきます。そのため少ない金額で大きな利益を得ることを目的に取引することになりますが、反面それだけのリスクを伴う取引となるのも事実です。取引した金額以上の損失を被ることもありますので簡単に運用できる場所ではありますが、しっかり勉強した...
2016/05/31 13:20:31 |
金融商品の中には、インターネットではなく別の方法で売買可能なタイプが見られます。株式投資などは、その1つですね。その投資商品の場合は、いわゆる証券会社などで口座を作る事になるでしょう。そしてその投資商品での売買をする為には、会社の実店舗に足を運ぶケースは極めて稀です。どちらかというと、電話で取引をするケースが多いのですね。実際私の親戚の1人も、ある証券会社で口座を保有しています。まさに前述の株式投資で売買を行っている訳ですが、普段から電話で取引をしていると話していました。最近ではネットで売買ができる証券会社も増えてきていますが、今なお親戚のように電話で売買をしている方も多いのですね。ところでF...
2016/05/31 13:20:31 |
FXは、自分の感情との戦いの一面があります。基本的には自分自身に勝つのが、一番大切な商品なのですね。そもそもこの取引では、様々なお金のやり取りが生じる事になります。それで様々な欲が生じる事も多いのですね。例えば損切りですね。この金融商品では、損切りは大切なポイントだと思います。自分の損失を最小限にとどめる為には必要なのですが、人によっては欲によってそれが難しくなってしまう事があるのです。お金を失いたくないという欲により、損切りができない方々もしばしば見られます。また利食いなどの同様です。もう少し待っていれば利益が伸びるはずなのに、早い段階で利益を確定してしまう方々も多く見られます。そのようなや...